“紅矢”の読み方と例文
読み方割合
べにや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第一番に見つけましたのは、紅木大臣の姉娘で、紅矢の妹の濃紅姫と申しまして、年は十六。温柔しい静かな娘で御座います。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
この鸚鵡は最前の紅木という総理大臣の息子で、平生王の御遊び相手として毎日宮中に来ている紅矢というが、今日は少し加減が悪くて御機嫌伺いに参りかねます
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
紅木大臣はいつの間にか気絶している公爵夫人をあとから駈け付けた女中に介抱させて、夫人のに連れて行かせましたが、自身は只一人紅矢に這入って行きました。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)