“濃紅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こべに50.0%
クリムソン50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“濃紅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
はい。第一番に見つけましたのは、紅木大臣の姉娘で、紅矢べにやの妹の濃紅こべに姫と申しまして、年は十六。温柔おとなしい静かな娘で御座います。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
一方、気が狂った紅木大臣は、濃紅こべに姫の死骸をかついだまま、一息に廊下をかけ抜けて、馬にも乗らず真一文字に、自分のうちに帰り着きました。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
濃紅クリムソン
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
濃紅クリムソン
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)