“紀国屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きのくにや66.7%
たのすけ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中でも黙阿弥は、「江戸桜清水清玄」で紀国屋文左衛門を書くのに、この大叔父を粉本にした。
孤独地獄 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
武「これはなんで、芝口三丁目の紀国屋と申すが何時も出入でえるのだが、其所へ誂えずに、本町の、なにアノ照降町宮川で買おうと思ったら、彼店は高いから止めて、浅草茅町松屋へ誂えて」
細長い平たい面へ九にいの字の紀国屋の紋を彫った若意気向き、田之助全盛の時流に投じた、なにしろ金二十五両という亀安自慢の売出物だったとのこと。