“紀国坂”の読み方と例文
読み方割合
きのくにざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面に自信の色を現わしながら颯爽として足を向けたところは、伝六のいったつじ君の徘徊している柳原の土手ではなくて、ついの口に通ったばかりのあの紀国坂だったのです。