“紀伊国屋文左衛門”の読み方と例文
読み方割合
きのくにやぶんざえもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いったい元禄という年代は華やかな話題が多かった、赤穂浪士のことは別として、紀文大尽とよばれた紀伊国屋文左衛門奈良屋茂左衛門などの富豪が
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)