“糺河原”の読み方と例文
読み方割合
ただすがわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主戦場となったから糺河原のあいだでは、彼が若年以来のまたなき相談相手だった叔父の上杉憲房を敵の囲中に亡くしてしまい、また、味方の大名、二階堂道行、三浦貞連
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)