“粗忽者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そこつもの85.7%
そゝつかしや14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粗忽者”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
粗忽者そこつもの共よ喃。みい。油ではないまるで水じゃ。納戸なんどの者共が粗相そそう致して水を差したであろう。取り替えさせい」
老中の眼鏡 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
粗忽者そこつものめが、転ンだらなぜその通り申し立て、もしまた、膝に怪我でもしたら、医者の診立書みたてがきをも添えて、申し出ないか。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「や、飛んでもないこつちや、わしは何だつてこんなに粗忽者そゝつかしやなんだらう。」