“粗忽家”の読み方と例文
読み方割合
そゝッかしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
娘は不束なり、は此の通りの粗忽家で一つとして取り所がない、だが娘がお前の忠義を見抜いてうまでに思い込んだもんだから、殿様にも話し、お前の得心の上取極めた事であるのを