“米行”の読み方と例文
読み方割合
べいこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生咸臨丸米行ありと聞て、予が親戚医官桂川氏してその随行たらんことを求められしに、予はこれの事なりと思い、ちにこれをんじ、一のごとし。