“米何”の読み方と例文
読み方割合
こめなに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自身の居る窓の下に旅人の煙草の吸殻を捨てさせるなどとは憐むべきである、絶東米何だけのをもよう張らないのであると米何は思つて居るかも知れません。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
どうした拍子にかはあのの中途にある米何とか云ふの門の中へ落ちたのださうです。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
私は米何を無名の人と書きましたが、あの海軍の収賄問題のやかましい頃に贈賄者として検挙されるであるとか、家宅捜索を受けたとか、度々米何の名は新聞に伝へられましたから
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)