“箇体”の読み方と例文
読み方割合
こたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に眼をつりあげて見ると、夕陽にきらきらしてがまわってくるかと思うばかりな一箇体金輪から、雨かか、独楽の旋舞とともにシューッと時ならぬ村雨のような水ばしりがして
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)