“筆名”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひつめい66.7%
ペンネーム33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
意氣事と雜俳とにその日を暮す、雪江といふ筆名に相應しい結構な若旦那でした。
粋事と雑俳とにその日を暮す、雪江という筆名相応しい結構な若旦那でした。
に、その伜の筆名は夢野久作という。親父の法螺丸が山のように借銭を残して死んでやろうと思っているとは夢にも知らずに、九州の香椎の山奥で、妻子五人を抱えて天然を楽しんでいる。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)