“穏健”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“穏健”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)7.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
中古の鼠色ねず縮緬ちりめん兵児帯へこおびが、腰でだらしなくもなく、きりっとでもなく穏健おんけんしまっている。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
これまで穏健おんけんの人と見えていたオンドリまでが、もはや気が変になってしまったようになったのだ。万事休ばんじきゅうすである。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)