“稲麻竹葦”の読み方と例文
旧字:稻麻竹葦
読み方割合
とうまちくい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その他の連中は番組を見たり冗談を言ったり、対岸の桟敷と、場内に稲麻竹葦と集まった群集をながめていたりして、競馬の始まるのを待っています。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
まさに稲麻竹葦であった。葉之助よ! どうするつもりだ⁉
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「身心はうることやすし。世界に稲麻竹葦の如し。」
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)