“秋陽”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あきび66.7%
あきのひ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“秋陽”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昨日の雨の名殘りの水潦みづたまりが路の處々に行く人の姿々を映して居るが、空は手掌てのひら程の雲もなく美しく晴れ渡つて、透明な空氣を岩山の上の秋陽あきびがホカ/\と温めて居た。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
この 秋陽あきび、花 と 咲 け、
秋の瞳 (新字旧仮名) / 八木重吉(著)
昨日の雨の名残のみづたまりが路の処々に行く人の姿々を映して居るが、空は手掌てのひら程の雲もなく美しく晴れ渡つて、透明な空気を岩山の上の秋陽あきのひがホカ/\と温めて居た。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)