“神誓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんせい50.0%
ちかい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神誓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
勝頼が、その神誓しんせいの下に、起ったと云いきっては、もう二臣の諫言も、それをいる余地はない。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが、般若丸の名刀が、さやだっしようとしたしゅんかんに、はッと気がついたのは(を見るなかれ)という御岳みたけ三日みっか神誓ちかいである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)