“石函橋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せきかんきょう50.0%
せっかんきょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“石函橋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
許宣は銭塘門を出て、石函橋せきかんきょうを過ぎ、一条路ひとすじみちを保叔塔のそびえている宝石山ほうせきざんへのぼって寺へと往ったが、寺は焼香の人でにぎわっていた。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
許宣は銭塘門を出て、石函橋せっかんきょうを過ぎ、一条路ひとすじみちを保叔塔の聳えている宝石山へのぼって寺へ往ったが、寺は焼香の人で賑わっていた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)