“矢束”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やたば66.7%
やづか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“矢束”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
思うに、持ち矢は尽き、代え矢も不足してきたのであろう。矢束やたばの量は、半日の矢戦でも、たいへんな数を消耗する。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「虫干しだ。——よろいびつやら矢束やたばやら。イヤ、持ち出してみると、思いのほか、少ないものよ」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黄金の矢束やづか鳴だかに、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)