“目映:まば” の例文
“目映:まば”を含む作品の著者(上位)作品数
ライネル・マリア・リルケ1
国木田独歩1
岡本かの子1
海野十三1
“目映:まば”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕は呻った。手応えがあったのだ。摘み出してみると、黄金色目映まばゆき、サイダーの栓抜きほどの大きさの鍵!
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
誰も物を言ふものはない。一同の目映まばゆがるやうな目は、泣いた跡のやうに見えてゐる。腹の透いたのと退屈したのとで、あくびが出る。
祭日 (新字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
日は西に傾いてたにの東の山々は目映まばゆきばかり輝いている。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
源の富士の腰の火柱は、とても目映まばゆくて見詰められなかった。
宝永噴火 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)