“盃形”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さかずきがた33.3%
さかずきなり33.3%
さかづきがた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“盃形”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集4.8%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし、この場合は、その水罎に当るものが、窓硝子の焼泡にあったのだよ。つまり、それがあの上下窓の中で、内側のものの上方にあって、いったんそこへ集った太陽の光線が、外側の窓枠にあるり飾り——知っているだろうが、錫張すずばりの盃形さかずきがたをしたものに集中したのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
頭のよこに、盃形さかずきなり禿はげがある。よくよく酒の好きなしるしと、一度見たものは忘れまい。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盃形さかづきがた薔薇ばらの花、口をつけて飮みにかかると、齒の根が浮出す盃形さかづきがた薔薇ばらの花、まれて莞爾につこり、吸はれて泣きだす、僞善ぎぜんの花よ、無言むごんの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)