“白膩:はくじ” の例文
“白膩:はくじ”を含む作品の著者(上位)作品数
外村繁1
泉鏡花1
“白膩:はくじ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
優婉ゆうえん娜麗だれい白膩はくじ皓体こうたい、乳も胸も、滑かに濡々として、まつわる緋縮緬ひぢりめん、流れる水浅黄、誰も知った――歌麿の蜑女あま一集の姿。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白膩はくじを盛る――そんな言葉も浮かぶ。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)
PR