“画竜点睛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がりょうてんせい66.7%
がりゅうてんせい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“画竜点睛”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 映画1.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところがこの好奇心が遺憾なく満足されべき画竜点睛がりょうてんせいの名前までいよいよ読み進んだ時、自分は突然驚いた。
手紙 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この蠅がいわゆる画竜点睛がりょうてんせいの役目をつとめる。
映画雑感(Ⅰ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それであればこそ、画竜点睛がりゅうてんせいとも云うべき肝心かんじん刹那せつなの表情が、どう想像してもばくとして眼の前に描き出せないのだろう。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)