“猿簔”の読み方と例文
読み方割合
さるみの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猿簔を読む。芭蕉去来凡兆との連句の中には、波瀾老成の所多し。就中こんな所は、とも云へぬ心もちにさせる。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
やうはいろいろあるべし。唯さわがしからぬ心づかひ有りたし。『猿簔』能筆なり。されども今少しなり。作者の名にていやしく見える。」
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)