“燈盞”のいろいろな読み方と例文
新字:灯盞
読み方(ふりがな)割合
かわらけ33.3%
とうさん33.3%
ひあかり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“燈盞”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教20.0%
文学 > 中国文学 > 小説 物語2.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
内には桶の胴のような白い※蛇うわばみがいて、それが燈盞かわらけのような両眼を光らし、焔のような舌を出して、戴先生を一呑みにしようとするように口を持ってきた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その蛇の両眼は燈盞かわらけのように大きくて金光を放って輝いていた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
華老栓かろうせんはひょっくり起き上ってマッチを擦り、油じんだ燈盞とうさんに火を移した。青白い光は茶館の中の二間ふたまに満ちた。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
悲しきときばかり懐かしめる光ならば、それは獄屋の庇に洩れる燈盞ひあかりであります。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)