“横著”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おうちゃく66.7%
おうじゃく33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鍋や何かの物を掴み出して食ったり、種々器物ったりして何うも……それに旦那のないに此のお内儀さんが正直な気性だから、身代限を出す時にも大概の横著の奴なら
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
利休が太閤から死を命ぜられたのも、その横著と傲慢とがったのであろう。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
日本の女は横著なようで、おとなしい。それが西洋人であったら、きっと肉迫して来たのだ。すると君だって、Wilhelm が Philene の胸を
二人の友 (新字新仮名) / 森鴎外(著)