“放縦懶惰”の読み方と例文
読み方割合
ほうじゆうらんだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かういふ餘儀ない事情は彼等を驅つて放縦懶惰の高等遊民たらしめるより他はなかつた。かれらの多くは道樂者であつた。退屈ぎに何か事あれかしと待構へてゐるであつた。
半七捕物帳:01 お文の魂 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)