“提示”の読み方と例文
読み方割合
ていじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正当武芸とはいわれぬ、幻術遠駆けなどの試合提示してきたのを見ると、一同は、かれらのひきょうな心底観破して、一のもとに、それをはねつけようと思った。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ご提示定書、いかにも承知いたした」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)