“推拭”の読み方と例文
読み方割合
おしぬぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて徐に一歩を行きては一歩を返しつつ、いとど思に沈みては、折々涙をも推拭ひつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
に母は自ら言へりし如く、板挾の難局に立てるなれば、ひたすら事あらせじと、誠の一図に直道をすなりき。彼は涙の催すにへずして、鼻目鏡を取捨てて目を推拭ひつつ猶びゐたりしが
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)