“掛無垢等”の読み方と例文
読み方割合
かけむくとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
致すべしと申付られける公用人等早速古駕籠古看板三ツ并びに三筋女の掛無垢等を用意なし日のをぞ相待ける扨夜も初更の頃にしかば越前守は掛無垢よりりて彼古駕籠に身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)