“振仰向”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふりあおむ66.7%
ふりあおむけ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“振仰向”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
謂われて叔母は振仰向ふりあおむき、さも嬉しげに見えたるが、謙三郎の顔の色の尋常ただならざるをあやぶみて、
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その間、頸脚えりあしが白かった。振仰向ふりあおむくと、ほっと息して、肩が揺れた、片手づきに膝をくねって、
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
アッと驚き振仰向ふりあおむけば、折柄おりから日は傾きかゝって夕栄ゆうばえの空のみ外に明るくの内しずかに、淋し気に立つ彫像ばかり。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)