“持矢倉”の読み方と例文
読み方割合
もちやぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この砲から六貫七百二十目の玉を四十五度以上の仰角で打ちだせば、持矢倉(最大射程)は二町半がせいぜい。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
玉が出ぬとは、なにによってじつけた。玉割はどうだろうと、持矢倉って射ちあげるくらい、なにほどのことがあろうか。貴様が否なら、伜の喜三郎にやらせる。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)