“持物等”の読み方と例文
読み方割合
もちものとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持物等に至る迄風雅でも意氣でも無くやら金の有さうな浪人とおは大いに重四郎に惚込しが翌日は上の宮へ參詣なし額堂にて重四郎はお勇と兩人差向ひの折柄お勇は煙草
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)