“持換”の読み方と例文
読み方割合
もちか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵は苦しそうに唸っていていたが、もうわぬと覚悟したのであろう、一生懸命に跳返すと同時に、右の手に握ったる刃物を左に持換えて、我と我が胸を力任せにると、鮮血って
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)