“抜山蓋世”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばつざんがいせ50.0%
ばつざんがいせい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庖丁を学ばざるも、卿等が其美を以てすれば、天下にまた無き無上権を有して、抜山蓋世の英雄をすら、掌中にするならずや、百万の敵も恐るゝに足らず、恐るべきは一婦人といふならずや
醜婦を呵す (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
花顔柳腰の婦女子も或は羅刹夜叉となり、抜山蓋世の勇士も忽ち餓鬼畜生に変ずる。