“打貫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うちぬ66.7%
ぶっとお33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打貫”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と引金を引いてどんと打つ、永禪和尚は身をかわすと運のい奴、玉は肩をれてぷつりと破壁やぶれかべ打貫うちぬいて落る。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
宇治山田の米友が、この時ばかりは、飛丸に胸を打貫うちぬかれたように絶叫しました。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
婆「指物とア…ムヽ箱をこせえるのだね、…不器用なこんだ、箱を拵えるぐれえで足い鑿い打貫ぶっとおすとア」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
PR