“打拾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うつちや66.7%
うちや33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“打拾”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「日本生命保険」の社員から、郷里福岡の市長になつた久世庸夫くせつねを氏は、市長の椅子が居心地がいいにつけて、自分にこんな結構な地位をあてがつて呉れた福岡の市民を、何だかこのまゝでは打拾うつちやつて置かれないやうな気持になつた。
真実ほんとうの事をいふと接吻きつす賭博ばくちや、医者の診断みたてと同じやうに生きてゐるうちにすべき事で、宗教家の言ふ所によると、何でも宗教さへ信じて置けば借金などは打拾うつちやつて置いても差支さしつかへないものらしい。
その頃は食事の時に主人も客も食べ残りの骨を卓子テーブルの下に打拾うちやらかしておく習慣があつたので、悪戯いたづら好きのカアネ親子は、目ざとい詩人に気づかれぬやうに、自分達の皿の骨は言ふまでもなく、他のお客のをまで、そつくりその儘そつとダンテの足もとに捨てておいた。