“感銘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんめい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“感銘”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
次郎が、その日感銘かんめいをうけた大河の言葉は、一つや二つではなかったが、とりわけ心に深くしみたのは、つぎの言葉だった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
幾十ひろいてみえる海のあおさは、原始的な風景というより風景の純粋じゅんすいさといった感銘かんめいがふかく
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)