“微笑:ほゝえみ” の例文
“微笑:ほゝえみ”を含む作品の著者(上位)作品数
夏目漱石1
牧野信一1
“微笑:ほゝえみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
微笑ほゝえみ光輝かゞやきとにちてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
春の曙の夢は千々に乱れて薄紅の微笑ほゝえみ、カラカラと鳴り渡るしろがねの噴泉、一片ひとひらの花弁、フツと吹けば涙を忘る——泣いて泣いて泣き明した後の清々しさ……と、このやうなとりとめもない言葉を持つて形容するより他
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)