“彫刀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こがたな66.7%
のみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“彫刀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして彫りかけの観音像を膝の上に抑え、彫刀こがたなって、一念にまた、新しい木の屑を散らしはじめた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
闇太郎は、浮かなかった。翌日一日、隠れ家で、細工場の机に坐っても、仕事に気が乗らず彫刀こがたなを取り上げてはすぐに投げ捨てたり、腕組をしては生あくびをしたりしつづけていた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「やれやれ、此奴こいつもまた結構な仏様だ。どうだい、この膳立ての念入りさ加減は」とファウスト博士の魔法のような彫刀のみの跡に、思わず惑乱気味な嘆息を洩らすのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)