“弥栄”の読み方と例文
旧字:彌榮
読み方(ふりがな)割合
いやさか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“弥栄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「両名とも、或いは、これが今生こんじょうのおわかれとなるやもしれませぬ。弥栄いやさかの御武運を祈りおります。今日は先もいそぎますれば、これでお暇を」
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天津日子の弥栄いやさかを祈りまつる心にふたつはない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)