“延金”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のべがね83.3%
のべきん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「御父さんは論語だの、王陽明だのという、金の延金んでいらっしゃるから、そういう事をしゃるんでしょう」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
古金の大判から甲州丸形の松木の印金、古金の一両判、山下の一両金、一両、古金二分、延金、慶長金、十匁、三朱、太鼓判竹流しなんといって
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その他をまぜる寄吹の工程をへ、それから判合、つまり、品質を決定し、それを打ちのばして延金にし、型で打抜き、刻印をし、色附をしてようやく小判ができあがる。
顎十郎捕物帳:07 紙凧 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)