“左券”の読み方と例文
読み方割合
さけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは栂谷が棒小屋沢であることを証する左券とはならないが、後立山に関しては有力なる資料であろう。
今度の事になつてからは、己は準備をしてゐる間、何時でも用に立てられる左券を握つてゐるやうに思つて、それを慰藉にしたで、もすれば其準備を永く準備ので置きたいやうな気がした。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
かのフェニックスが火に焼かれても、再び若々しい存在にって、絶えず両翼を大空に向って張るように、この精進努力の生活は人類がなお地上の王なる左券として、長くこの世に栄えるだろう。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)