“山雉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまどり75.0%
やまきじ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山雉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然し其時は渡船の時間が切れてしまつたから非常の時に打つべき筈の鐘を鳴らして山雉やまどりの渡しの船を呼んだのだといつた。
旅の日記 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
金華山から山雉やまどりの渡しを鮎川の港までもどつた。
旅の日記 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
坂上田村麿さかのうえのたむらまろが勅命を蒙って、百方苦戦の末、観音の夢のお告げで、山雉やまきじの羽の征矢そやを得て、遂に八面大王を亡ぼした。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)