“山岡頭巾”の読み方と例文
読み方割合
やまおかずきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の方に山菅で作った腰簑に、谷地草で編んだ山岡頭巾り出してあって、ぶった薬鑵と茶碗が二つと弁当が投げ出してあるを見て
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これは山岡頭巾の半ば以上は隠れ、黒い紋付の羽織、着流しでスラリとした形、腰に大小、手に竹の杖をついて、ふらふらとして夢の国を歩み出したその人は、机竜之助でありました。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
黒羅紗山岡頭巾目深り、どっしりとしたお羽織を着、金造りの大小で、紺足袋に雪駄穿き、今一人は黒の羽織に小袖を着て、お納戸献上の帯をしめて、余りは宜しくないと見えて
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)