“小匣”の読み方と例文
読み方割合
こばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「鍵を渡す。大切な預り金だけれど、満代の身には換えられぬ。鍵はこの次の間の、金庫の隣の箪笥にある。上から三つ目の小抽斗の、宝石入れの銀の小匣の中だ」
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
帯の間から、小さい、紙の小匣を取り出した。「快上快」だ。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
おれはこの小匣何処つたものか。
詩集夏花 (新字旧仮名) / 伊東静雄(著)