“寡婦暮”の読み方と例文
読み方割合
やもめぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四年已前死去りまして、子供もなし、寡婦暮しで、只今はお屋敷やお寺方の仕事をいたして居りますので、お召縮緬半纒などを着まして、芝居などへまいりますと
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
また優しい心を持っていたので、寡婦暮しや他人の不幸に彼は心をひかれた。喪装の友だちや、黒布をまとった家族や、のまわりに悲しんでる牧師らに、彼はよく立ち交じった。
氣の毒に思ひ何時まで狂氣でも有まじ其内には正氣に成べしとて明家せ此處にあること半年程にて漸やく正氣に成しかば以前の如く産婦世話として寡婦暮しに世を渡りける。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)