“寝白粉”の読み方と例文
読み方割合
ねおしろい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな時は、寝白粉の香も薫る、それはた異香ずるがごとく、患者は御来迎、とえて随喜渇仰。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お米は鏡をよせて、寝白粉をつけていたが、ふりかえりもしないで
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長火鉢には鶴吉より年上らしい四十前後の大年増が、しどけない伊達巻に丹前をひっかけ、燗銅壺に入れるばかりの銚子を猫板にのせ、寝白粉をつけて待っているといったふうな家庭でありました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)