“寄道”の読み方と例文
読み方割合
よりみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少しもタルミなく日程を追って最初の立案を(多少の変更あるいは寄道はあったかも知れぬが)
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
二人は、正木につく前に、ちょっと寄道をして、お民の墓詣りをした。そこでも二人はあまり口をきかなかった。しかし、墓地の出口まで出て来たときに、ふと俊亮が言った。
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
代地に名うての待合朝倉の戸口を開けて、つと入り来るは四十近いでつぷり太つた男、白の縞上布帷子げて、寄道したお蔭にこの悪い道を歩かせられしため暑さも一入なり
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)