“寂地”の読み方と例文
読み方割合
じゃくち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひろい御成道は、白と黒の寂地だった。白は月、黒は巨木の影、その中を急いでゆくと、顔にも肩にも、にも、ちらちらと、海月のような光線がたかって、後ろへ飛んで行く。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かつての承久ノ乱や、寿永治承の大戦のさいでも、都の北山、嵯峨野のおくには、平家のきずなや権門をれ出た無髪の女性たちには、修羅の外なる寸土の寂地がゆるされていたともいう。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)