“宮詞”の読み方と例文
読み方割合
きゆうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誤植の次手に又思ひだしたが、何時石印本王建宮詞を読んでゐたら、「御池水色春来好処処分流白玉渠密奏君王知入月喚人相伴洗裙裾
本の事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
宮詞など、口に載せつつ
晶子詩篇全集拾遺 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
西洋に女子の紅潮を歌へる詩ありや否や、寡聞にして之を知らず。支那には宮掖閨閤の詩中、に月経を歌へるものあり。王建宮詞、「密奏君王知入月喚人相伴洗裙裾